ニューヨークのブライアントパークに、素敵な装置が付いたテーブルが設置されています。

上の写真から、どんな装置か予想できますか?



答えは、太陽光発電。パラソル付きのテーブルのような形のこちらは、上面に発電装置が組み込まれているんです。

そうして発電された電気は、パークに集まったみなさんが自分のスマホを充電するのに使っています。ベンチで休憩しながら、太陽光でスマホを充電。素敵なアイデアです。



ちなみにこのアイデアは、ブライアントパークコーポレーションと、太陽光の会社Green Barrel Energy Inc、それから屋外用家具を製造する Landscape Formsのコラボレーションプロジェクトから生まれたもの。

各企業が協力しあって、こういう設備を作ってくれるってとても嬉しいことですよね。



またテーブルそのものにもキャスターが付いていて、どこにでも移動させることができます。人がたくさん集まってきてスペースを確保したくなったとき、さっと動かせるのは便利ですね。

現在のところ、このプロジェクトはプロトタイプによるテストの段階。のちのちは、このブライアントパークの設置台数を増やして、さらにニューヨークやアメリカのいろんな場所に拡大していきたいそうです。

こういう素敵なプロジェクト、日本でもぜひやって欲しい!

Solar Powered Charging Tables Installed in NYC’s Bryant Park[MY MODERN MET]
Social Solar Charger[YANKO DESIGN]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense