SHARE


机は、平行でまっすぐ。ずっと固い机みたいに、固い頭でそう思っていました。

でも、物を書いたり作業ができればいいわけで、つまりは、一番上の部分さえ平行ならいいわけですよね。

この机を見て、”机”の本質に気づかされました。



スウェーデンのデザイン集団、Mavisの手がけたシリーズの机TILTです。

スッキリ・シャープな印象の中にユニークな表情を見つけることができます。



こんな風に扉が開きます。



上部までパカっと開いてしまいます。開き扉の下の収納は、本棚も兼ねることができそう。

特に、大きなアート系の本によくある「あー、あと1cm入らない!」。そんな悔しい思いが少なくなりそうな予感。

なにより、煮詰まった時にアイディアをくれそうな顔をしてますね、この机。



他に大・中・小のキャビネットもありますよ。

日本への配送はまだないみたいですね、残念ながら。

TILT DESK [MAVIS]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense