ブルックリンを中心に活動するデザイナー、Niko Economidisのコンセプトデザイン「Read-Unread Bookshelf」は、従来の本棚の枠を超えたフォルムをもつ、天秤のような本棚。




革製の紐によって支えられているこの本棚は、一方は「既に読んだ本」、そしてもう一方は「まだ読んでいない本」という風に分けてもいいですね。

非常にシンプルな構造で、自然の法則に乗っ取り、本の重さによってバランスが変化していきます。

新しく買った本は右側に、読んだ本は左側に置いていけば、読み忘れも少なくなるかもしれません。

Niko Economidis
READ-UNREAD BOOKSHELF[Trendsnow]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense