素朴な風合い、手書きによる独特のタッチ、愛嬌のある表情が、多くの人の心を惹きつけるこの起き上がり小法師

岩手の郷土芸能面、干支や縁起物の張子人形などを手がける「さわはん工房」澤藤範次郎さんによる作品です。



実はこの起き上がり小法師、東日本大震災が起きた2011年より、範次郎さんが「何とかこの苦しい状況から起き上がれるように」という願いを込めて作り始めたもの。

「転んでも転んでも起き上がる。起き上がらない場合もありますが、手を添えて助けてあげれば起き上がります」

範次郎さんの娘さん、澤藤詩子さんの言葉通り、愛らしい表情で起き上がりながら、時として人の助けを必要とするのは、何とも奥深いですね。



手のひらにちょこんと乗る小ぶりなサイズ。ずんぐりとした形に、ユーモアたっぷりの表情。

季節に合わせて部屋や玄関に飾るのはもちろん、縁起物として節句やお祝い、海外の方へのお土産など気軽なギフトに最適です。



8種類の豊富なバリエーションの中から、あなたのお気に入りを選んでみてくださいね。

購入はこちらから。

【六原張子】起き上がり小法師 [藤巻百貨店]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense