いまクラフトビールがオモシロいですよ。

小規模な醸造所で造る、高品質なビール「クラフトビール」。ピルスナー、スタウト、IPAなど多様性があり、同じ種類でも醸造所ごとに味がまったく異なるのが特徴です。

デザインも、ユニークなラベルを備えたものが多く、アートな目線でも楽しめるんですよ。

今回紹介するのは、ポップでかわいらしいラベルのクラフトビールを多く出している、デンマーク・コペンハーゲン生まれのブランド「Mikkeller(ミッケラー)」の「チリピルス オレンジ」。



食べかけの溶けたアイスが印象的なラベル。オレンジ色がかわいらしくて、ふたにもそのカラーが使われています。

味はというと、オレンジジュースとシトラスのさわやかさが特徴です。

瓶を開けて、グラスに注いでみると、その瞬間からフルーティな香りが漂ってきます。アルコール度数は4%とちょっと軽め。飲み口もジュースのようで、ついついお酒がすすみます。天気のいい昼間に、芝生の上で飲んだら気持ちよさそうな味です。



キラーンと輝く黄金色。秋を感じます。

ちなみに、ミッケラーの生みの親であるミッケル氏は、元々学校で物理の先生をしていたそう。その仕事の傍ら、友人たちとビール造りに没頭し、デンマークのビールコンテストで賞を受賞するまでになりました。そして、現在では世界40カ国で販売されています。

なんだかブレイキングバッドのストーリーみたいです。

Mikkeller

Photographed by Takashi Sasaki

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense