SHARE


朝起きたら、縫い始め、午後には1着完成。

毎日1着。

ミシンと手縫いで洋服を作る。

イリノイ州に住む99歳のおばあちゃん、Lillian Weberさんはハンドメイドで子どもの洋服を作っているその理由とは…。

アフリカの子どもたちに救援物資を提供する団体Little Dresses for Africaに寄付するため、2年間、毎日、欠かさず1着ずつの服を縫い、今までに840着を仕上げてきたといいます。




そして、さらにLillianさんは、来年の5月の彼女の100歳のお誕生日までにあと150着以上のドレスを仕上げ、総制作数1,000着を目指す計画を立てているのだとか。

そして、Lillianさんの作る洋服は、違う種類の布を合わせたり飾りをつけたり、1着として同じものはありません。

この洋服を着る子どもたちが、誰と同じでもない「自分だけの洋服」を気に入って、大切にしてくれそうな気がします。

来年の5月までに1,000着。

Lillianさんの思いや夢が、アフリカの子どもたちに届きますように。

Every Day, This 99 Year Old Woman Sews a Dress for a Needy Child [Neatorama]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense