SHARE


この記事のタイトル、実は以前にルーミーでも紹介したリチャード・リンクレイター監督の新作「Boyhood」の邦題なのです。

『6才のボクが、大人になるまで。』は、タイトルどおり、“6才のボクが、大人になるまで”を描いた映画。しかも、“6才のボクが、大人になるまで”演じています。



2014年2月、第64回ベルリン国際映画祭で上映されるやいなや世界を驚かせた今作で、リンクレイター監督は同じキャストで12年間撮影を行うという前代未聞の手法に挑みました。

映画は決してドキュメンタリーでなく、物語はフィクションで、キャストは与えられた役を12年間、毎年夏に集まって演じたそうです。



そしてこの度、11月14日に全国公開が決定した今作の予告編映像が完成しました。主人公のメイソンを演じたのは、12年前にリンクレイター監督がオーディションで見出したエラー・コルトレーン。パトリシア・アークエットとイーサン・ホークが両親役を演じています。

あどけない少年が凛々しい青年へと成長していく過程がギュッと詰まった予告編。これまでの映画とは違う、なんともいえない不思議な気持ちになりました。

予告編は、こちらよりご覧ください。

『6才のボクが、大人になるまで。』
原題:Boyhood
監督・脚本:リチャード・リンクレイター
出演:パトリシア・アークエット、エラー・コルトレーン、ローレライ・リンクレーター、イーサン・ホーク
11月14日(金)TOHOシネマズ シャンテ他にて公開
©2014 boyhood inc./ifc productions i, L.L.c. aLL rights reserved.
6才のボクが、大人になるまで。』[東宝東和]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense