SHARE


自転車より持ち運びが楽で、一輪車よりも快適に乗れるもの。




そんな便利で手軽な小型人間輸送機があったら、運動不足になるだろうと思っても使いたくなっちゃう。通勤や近所への買い物がとっても楽になりそうだもの。




2003年にワシントンの小さな街で設立されたInventist社によって開発され、イギリスやヨーロッパでも活躍している「solowheel」は、まさにそんな便利ガジェット。人を一人輸送できる、重さ11キロの小型電動一輪車なのです。






45分の充電で約2時間乗れて、最高時速16キロで走ります。




何が凄いって、降りてすぐに手荷物として建物内にも持ち込めちゃうんですから、ライフスタイルがガラリと変わりそうですよ。




これでもう、駐輪スペースに悩むということもありません。これはいいなぁ。




ただし、日本では公道を走ることはできません。あぁ、やっぱり。もっぱらレジャー利用ということになりそうですね。こんなのが街で自由に使えるようになったらすごく楽なのに…。

ちなみにアマゾンでは248,000円で購入できるみたいです。

[solowheel]
solowheel [inventist]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense