SHARE


外国でも人気のにぎり寿司。日本で一般的な寿司メニューに加えて、その国ならではのオリジナルお寿司も発展していたりと、いまや世界中の人が楽しんでいます。

そんなお寿司ですが、このたびとうとう食べ物の枠を超えて靴下にまでなったんだとか。その名も「寿司そっくす」、富山県の靴下メーカー・助野株式会社さんが販売中です。





ご覧のように、たたんだ時は本当にお寿司そのもの。マグロ、サーモン、タコ、エビ、いくら、たまごの6種類に加えて、富山県の有名なます寿司もあります。すでに複数の海外のサイトでも取り上げられていて、お寿司大好きなみんなが話題にしていましたよ。




一般的な靴下にありがちなプリントではなく、さまざまな色の糸を編みこんででお寿司を表現してあるため微妙な色の表現もできて、しかも色落ちもしにくいそうです。

エビとサーモンが美味しそう…。




上はマグロ、サーモン、いくらの軍艦靴下を履いた時の様子。たたんでいるとこんなにお寿司なのに、履いたら意外と普通の靴下なんですね。

食べたいけど食べられない「寿司そっくす」は、アマゾンでお求めできます。

外国のお友達への日本のおみやげなんかとしても喜ばれそう!

寿司そっくす[SUKENO]
Sushi Socks[Tokyo Otaku Mode]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense