実は、“竹の節”を利用して作られた「竹のピアス」なんです。


「これまで竹の節は利用価値が乏しく、捨てるしかありませんでした。その節をどうにかしたい、そこからこの企画がスタートしました」

そう語るのは、製作をおこなう「高野竹工」の竹職人・増田氏。「高野竹工」は、竹の産地・京都で80年以上続く竹細工店です。

「竹は自然素材ですから、ひとつひとつ異なる模様や凹凸を持っています。そこに箔を貼っていくと、その凹凸が“味”となり、温かみのある仕上がりになるんです(同氏)」

丸と三角を象っただけのシンプルなデザインも、素材の表情をより際立たせています。



主張しすぎないサイズ感や上品な色合いは、古都京都に息づく奥ゆかしさや品格を感じさせる仕上がりに。カジュアルからシックまで、あらゆる装いにマッチしそうですよね。

【高野竹工teiku】竹のピアス [藤巻百貨店]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense