SHARE


33年間ニューヨーク・タイムズ紙のアートディレクターを務めるスティーブン・ヘラーさんと、元ローリング・ストーンズ誌のアートディレクターであるゲイル・アンダーソンさん。

2人は、1990年より既存書体を効果的に使う方法イラストレーションについての本を編集してきました。

そんな彼らの最新作『The Typographic Universe』は、「全てのモノに潜むアルファベット」を研究したもの。花や人骨、野菜など、予測していなかった場所から見つけた文字たちを紹介しています。






ゲイル氏は自分の生徒たちに宿題を出し、彼らにも日常の中からアルファベットを探させたそう。

自分が見つけてきたアルファベットのコレクションと、生徒たちが見つけてきた作品を比べ、実に興味深く感じたとコメントしています。




きっとあなたも、色んな思わぬ場所でアルファベットに遭遇しているはず。

何気ないところに自分のイニシャルを発見すると、一日がちょっと楽しくなっちゃうかもしれませんね。

Steven Heller and Gail Anderson’s Typographic Universe – in pictures[the guardian]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense