SHARE

こんにちは。手芸のポータルサイト「ステッチステッチ」です。

縫製工場から出たTシャツやカットソーなどの端材を再利用した、エコなアップサイクル商品「Hooked Zpagetti(フックドゥ ズパゲッティ)」というものがあります。

スパゲッティのような極太な糸で、バッグやラグ、帽子など様々な作品が作れます。見た目もとても可愛く、いったい何ができるの!?と手づくり好きならば興味をかき立てられます。イギリスでは専門の本が出版されるほど人気。

気に入ったら即買い必須の一期一会の商品です。主な素材は上質なリサイクルコットンで、柔らかく伸縮性のある糸質が特徴。オリジナルジャンボあみ針(別売り)を使い、インテリア雑貨やバッグなどのファッション雑貨まで様々な作品が作れます。単色・ミックス色・軽量タイプなどなど種類も豊富。

とのことなので、かわいいと思ったら即買いすることをおすすめします。

そんなズパゲッティで今回はiPadケースを作ってみたいと思います。今回使った糸はこちら。夏っぽく空色と元気なオレンジ。


これがズパゲッティのアップ。今回使ったのは糸がフリンジのようになっているもの。水色はポロシャツの生地っぽく、オレンジはTシャツの生地のようで、触った感じも違います。


では編んでいきます。

【材料と道具】
・Hooked Zpagetti(フックドゥ ズパゲッティ)(1玉)
・かぎ針(10ミリ)
・ハサミ

くさり編みでiPadの幅になるよう(今回は18目)編みます。これを輪にして、後はひたすらこま編みします。伸縮性があるのでちょっときつめに編んでもOK。縦の長さのキリのいいところまで編みます。長さが決まったところで、輪を閉じます。今回はこま編みはぎにしてみました。


ジャン。たった2時間でかわいいiPadケースができちゃいました。


生地が(たぶん)元ポロシャツっということもあり、かなりしっかりしたケースになりました。フリンジの感じもGOOD!

ついでに、なんちゃって「クラッチバック」も作ってみました。うんうん、かわいい! こちらはふた付き。iPadも入ります。


編み方は基本のかぎ編みでできちゃうし、なんといっても糸が太いので、あっという間にできあがります。そこが「ズパゲッティ」のいいところ。

手芸のポータルサイト「ステッチステッチ」では他にもラグ・かご・バックなどが作れる無料のパターンを掲載してます。作りたい!って思った方、ぜひチャレンジしてみてくださいね!

Hooked Zpagettiのパターンはこちら
Hooked Zpagetti(フックドゥ ズパゲッティ)の詳細はこちら

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense