先日、ルーミー編集部に届いた1本のミュージックビデオ。2人の女性ラッパーが、ゆる〜くラップしています…。パンケーキについて。


何だか気になる彼女たちの正体は、“スクラッチしない放課後のおしゃべりガールズHIP-HOPユニット”ことY.I.M。某出版社で働く“オミール”(写真左)と某動物園で働く“あすちゃん”(同右)からなる2人組です。

高校生の頃に出会った2人は、「特にヒップホップを聴いていたというわけでもなく、特に音楽が好きでいっぱいCDを持っているというタイプでもなく、通学や通勤の時に好きな曲だけを聴くような感じでした」(あすちゃん)とのこと。

「ラップをし始めたきっかけは、自分の思っていることを携帯のメモに書いて、口に出してみたら面白くて、録音してアスカに送りつけたこと」とオミールさん。「ある時、“ふたりでやってみよう”と思ったんですけど、“面白いから録音してみよう”という程度でした」



最初にオミールさんからメッセージが届いた時、「こわっと思った」というあすちゃん。

「勝手に送るくせに、私からのラップを待ってるんですよ(笑)そういうリリックごっこみたいなことをしていたら、友だちが面白がって音楽をつけてくれて。それで2人ともはまっちゃいました」というのが、ユニット誕生秘話なのだそうです。

Y.I.Mというユニット名は、初期に書いたリリックのフレーズから。「Yours Is Mine(=お前のものは俺のもの)」というジャイアニズムに基づいているのだとか。何となくラップを始めた2人は、今でも日々感じたことをメールで送り合い、その内容をリリックにしています。

まったくラッパーを目指していなかったのに、今年4月にはミニアルバム『Y.I.M』をリリース。「何かすごいことだなーって、ときどき思います」(あすちゃん)と、あくまでもマイペースですが、「近い将来の目標は、もう1枚アルバムを作ること」(オミール)と教えてくれました。



8月30日には、なんとタイでフリーイベント「勝手に微笑みタイ」を主催します。「タイは行ったことないのに好きな国。呼ばれてないけど行こう」と、初の海外イベントを自ら企画したそうです。

タイのアーティストと日本のアーティストが出演する同イベントは入場無料。気になる方は夏休みの終わりに、ぜひタイまで足を伸ばしてみてください。

そんなY.I.Mから、最新ミュージックビデオ「干す取り込む」が届きました。う、、これまた気になります。

勝手に微笑みタイ!! presents by Y.I.M & Hikari by P
日時: 2014/8/30(土) OPEN/START 17:00
会場: JamCafe(タイ・バンコク)※入場無料
出演: Y.I.M、Maretime、fahtikumpond、Miki Hattori、Lily aligators、DJ MOOLA、DJ MEEHA、DJ Salad Barr
Y.I.M

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense