SHARE


最近では昔ほど見かけることが少なくなった、ハンドルで調節するタイプの水道蛇口。石鹸で手を洗うと、ひねるときにハンドルに泡がついたり、みんなが同じ場所をつかむから、あまり衛生的とはいえません。

そんなハンドルタイプの蛇口ですが、発想を変えて下向きに取り付けてみたら、良いことがたくさんあると思いませんか?




こちらはSarang Shethさんがデザインしたコンセプト「Little Twist」。

下向きに取り付けたら出てくるお水でハンドルの部分をいつも綺麗に洗い流してくれるから、泡がついても大丈夫。みんなが触っても衛生的に保ちやすいかもしれませんね。




蛇口の部分にはグリルなどがついているので、シャワーのようなお水が出てくることになるのかな。

なんとなく、蛇口のハンドルといえば上についているもの、というような固定観念がありますが、その壁を壊して下向きにするだけでこんなにいいことがあるんですね。

自動で出てくる水道も節水などの面からメリットが多いですが、ひねるタイプもこの形になってみんなが節約を意識すれば、まだまだいけますね。見た目も何だかかわいらしいし。

上手にアナログを生活を続ける、素敵なアイデアだと思いました。

No Knobs, No Problem![YANKO DESIGN]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense