SHARE


小さい頃、きっとあなたにも色んな夢があったはず。「大人になったら自分のやりたいこと、好きなことを仕事にしたい」って。でも夢は大人になってから叶えるものじゃなく、いつだって叶えることができるってことをたった10歳のコリー・ニエヴィス君が教えてくれました。




10歳にしてアメリカで自身のクッキー会社を立ち上げそのビジネスの才能はもちろんのこと、『見た目は成功の鍵である』というモットーのもと作り出されるおしゃれで個性的なルックスから注目を浴びているコリー君。とは言え、家がすごくお金持ちだったわけでも両親が彼をそうさせた訳でもないというのがまた驚きなのです。




2009年、家族でニューヨークからニュージャージーへと移り住んだ後、コリー君のお母さんが新しい車を購入する必要がありそれを助けるために、家の前で売り始めたホットチョコレート、クッキー、レモネードが彼のビジネスのスタートでした。たちまちコリー君の可愛いお店は話題となり近所の人達から大好評を得るように。




しかしある日悲しい出来事が起きてしまいます。きっとコリー君の成功を妬んだ誰かの仕業でしょう。見知らぬ誰かによって衛生管理所へとコリー君のお店は通報されてしまったのです。コリー君のお母さんによると、コリー君はこの事態にとても落ち込んで悲しんでいたようなのですが、衛生管理所のスタッフ達はしっかりと法にのっとったビジネスとして運営していく提案をし、コリー君の本格的なビジネス立ち上げを手伝ってくれることになったというのです。





それ以降、コリー君は地元ニュージャージーの銀行、病院、企業、美容室らとタッグを組んで色んなイベントを開催し、クッキー会社として成功を収めるようになりました。ちなみにクッキーの材料選びや買い出しはもちろんのこと、レシピ自体もコリー君が自分自身で行っているそうなんです。




そんなコリー君の将来のプランは彼が生み出した収益を使って、恵まれない家庭に育ち、資金はないけれど才能を持った若き起業家たちを支援する事業を起こすことなのだとか!うーん。すごい!しかもコリー君は社長業の傍ら、ラルフローレンやトミーヒルフィガーのモデルや俳優業もこなしているそう。恐るべし10歳の若き起業家の今後の快進撃が楽しみです。

Mr.Cory’s Cookies
This Cookie Company’s Stylish CEO Is 10 Years Old[ABC news]
10-year-old Cory Nieves not only dresses better than you but he’s also CEO of his own cookie business[Metro]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense