履いた瞬間に飛び跳ねたくなってしまう。Julian Hakesのハイヒールは、そんな履き心地。

一見、「え、この靴履けるの!?」と疑ってしまいそうなデザインですが、履いてみるとその履き心地の良さと安定感にビックリ。




建築家兼デザイナーのJulian Hakesさんは、トレーシングペーパーを足にまきデザインを考えていたある日、こうひらめいたそうです。

ハイヒールの土踏まずの箇所には、本来ソールは必要ないのではないだろうか。



主に力がかかるのは、かかとと親指(足裏の親指の付根付近)で、従来のデザインのほとんどが機能していない飾りなのです。



もっとも効果的でシンプルかつ美しい表現を繰り返し検討し、誕生したのがこのMojitoシューズ。モヒートカクテルに入っているクルクルとカールしたライムを想像させることから、その名前をつけました。

斬新なスタイルが近未来を感じさせる、新感覚の次世代デザインシューズ。ぜひこの履き心地を体感してみてください。

購入はこちらから。

Julian Hakes [MONOCO]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking