みんなが暮らす街。そこは安全で機能的で清潔であればいい…。でも、本当にそれだけでいいのでしょうか。

ポーランドのアーティストNeSpoon Polskaさんは、ワルシャワの街にある何気ないものや廃墟、壁や歩道、パーキングメーターなどに、美しいレースのスプレーアートを施しました。



普段は気に留めない場所や足早に通り過ぎてしまう場所に、レースがあるだけで、なんだか涼しげで穏やかな気分になることができそうです。

もちろん、市に許可を得て行っているアート作品です。街を再認識し、愛することができそう。

ちょっと心が豊かになる。そんな素敵なアートなのでした。

Guerrilla Lace: Prettied-Up Urban Surfaces in Poland [Web Urbanist]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking