SHARE


NYで暮らしていると、バスがとても便利だと聞くのですが、未だにバス停がどこにあるのか、いまいち掴めていません。

バス停なのか、ただのポールなのか分からない位細かったり、逆に降りる時も自己申告制なので、知らない街で乗るには少し不安があります。

ですが、こんなバス停だったら一目で分かりますね。



木とスチールを組み合わせて、これでもかというくらいに”バス停”です。こちらはmmmm…がデザインしたバス停で、アメリカのボルティモアにあります。

こんなバス停で誰かを見送ったり、誰かが来るのを待ちわびたり。



なかなか時間通りに来ないバスも、許せてしまいそうです。

BUS STOP

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense