心の底から本当に欲しい人が手に入れればいいんだ。

インターネットオークションが盛んになり、気軽に参加できるものとなりました。でも、もしかしたら、それでは本当に欲しい人の手に渡らないことが多いのかもしれません。

スウェーデンの老舗ガラス製品ブランドのKOSTA BODAが「アート作品は一番高値をつけた人ではなく、一番感動した人が落札すべきだ」と、ある試みを行ったのだそうです。

そのやり方とは、オークション会場に足を運んだ人たちに、事前にオークションの内容を一切知らせず、個別に部屋に入ってもらい、心拍数と電子皮膚反応を計測する機器を装着して、アート作品と対面させます。



そして、一番、心が動いた人が落札できる仕組みです。心の動きは、コントロールできません。

これであれば、心からその作品に心動かされ、感動した人に譲ることができますね。

動画はこちらから。



お金ではなく、人の感情の動きで落札する。アート作品は本当の価値をわかる人の手に渡したい。

KOSTA BODAの世界観を表現した試みだったのです。

Art Auction Uses Emotion For Bids [PSFK]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense