SHARE


ロンドンの探求スタジオTHE UNSEENで、素敵なインクが開発されています。

スワロフスキーのオートクチュールコレクション「エアー」でデモンストレーションが行われたこのインク、周りの空気や圧力の変動で、色が変化するようなんです。周りの状況で色が変化するだなんて、なんだかカメレオンみたいですね。

以下の動画ではそのインクを使ってできた羽織ものを女性が着ています。

鈍く、じわじわと、でも確実に変化していきます。


この特殊な染料が混ぜ合わせられたインクは、熱や紫外線、空気中の汚れや水分、化学物質や摩擦、音に反応するそう。

それぞれの変化によってインクに異なる刺激がもたらされ、色が変わるようになっているんですって。




例えば空気中の汚れの程度が変化すると、インクは黄色から黒へというように色を表す値が変化するそうです。刺激の種類によって、変化の仕方が異なるみたいですね。




透明人間になるのは難しいかもしれないけど、カメレオンみたいになれるのはそう遠くない未来なのかもしれないなあ。

でも使うとしたら、サバイバルの時ぐらいでしょうか…。

THE UNSEEN develops wind reactive ink that changes color upon contact with air[designboom]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense