SHARE


どう見てもガラクタの集まり。いろんなものがあります。




ところがコレ、ある一点から見ると有名な人物の肖像画になるんです。






そう、フランスの有名な郵便配達人フェルディナン・シュヴァル(1836年~1924年)のスカルプチャーだったんですね! これは凄い。




フランスのアーティストBernard Prasさんが手掛けるアナモルフィック・イリュージョン(anamorphic illusions)。ある焦点に合わせることで初めて画として認識できる、とても細かいインスタレーションなんです。




本当に多種多様なものが用いられていて面白い。これらが組み合わさって肖像画になるなんて…。




よく「3Dアート」なんて呼ばれることも多いのですが、焦点や角度がピッタリと合ったときに感動を生み出す、わくわくする作品が多いですよね。過去にもルーミーでいくつか紹介しています。

これは騙される! 驚異の卓上3Dトリックアート

いえなかに3Dアートを描いちゃってるよ

砂浜の新しい遊び方を見つけたよ

スケッチブックから飛び出す3Dアートがスゴすぎ!

いろんなタイプがあって楽しいなぁ。いくら見てても飽きないよね。

Bernard Pras Forms Incredible Anamorphic Portrait Out of Found Objects [via MY MODERN MET]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense