ストリートアートには、壁を使ってカラフルに大胆に表現するモノが多いですが、日常に入り込み、“クスッ”とさせる癒しのアートもあるんだね。

普通に歩いていると、見逃しそう…。でも、気づくと2度見しちゃう!







フランスのストリートアーティストOAKOAKさんは、壁や道の欠陥を探し、それを使ってどう楽しめるかを考えて書いているとか。自分の書きたいものを表現するのではなく、そのモノをどう楽しめるか。

なんだか新しいアートのカタチだね。



彼にかかれば横断歩道の色の違いもこんなかわいいアートに。

普段何気に歩いている道。そこにこんな絵があればワクワクしませんか?

A Little Bit Fun on The Streets
[Oakoak]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking