SHARE


こちらの変わった形をした、カップ「Kangaroo cup」。



実は11歳の少女が考案したものなんです。

彼女のおじいちゃんが、パーキンソン病を患い、一般的な形状のカップでは不自由な姿を見て、考えたのだそう。



Kickstarterでは、1800人以上が募金し$25,000の希望金額に対し$62,053もの資金が集まりました。

3本の持ち手を付けることにより、置く時にこぼさないようになっている仕組みです。そして、カップ部分が少し浮くように設計されているので、コースターが不要というこだわり。



重ねられないカップは棚で大きく幅をとりますが、Kangaroo cupは重ねることが可能で、かさばる心配もありません。



おじいちゃんに対する彼女の優しさが溢れたこのデザインは、何にも勝る美しさがあるデザインだと思います。

kangaroo cup

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense