SHARE


自分が住んでいる街の見慣れた光景が、別の場所から訪れた人の目にはとても魅力的に映ることも。

そうした「外からの」視点を借りることが、自分の周りにあるものを改めて見直すきっかけになったりします。

メルボルンを中心に活動する写真家のBen Thomasさんは、“Tokyo”の街に違った角度から光を当てています。



写真の一部に焦点を当てる手法も特徴的ですが、対象の選び方も新鮮味が。



「Tokyoの“心臓”を動かしている、あらゆる様相を見せたかったんだ」と話している通り、私たちが東京で日常的に見るような街並が、いつもとは違った表情を見せているようです。

これらは、Thomasさんは3月に発売した『Tiny Tokyo』という写真集に収められたもの。撮影は2012年に3週間かけて行われたそうです。



こうした写真を撮るためには、3ヶ月に及ぶ撮影スポットの調査と、「少しの運」が必要だったとか。




見終わった後に、自分の目で、良く知る街をもう一度見るのが楽しみになる作品ですね。

3月に発売された写真集はこちらから購入可能なので、ぜひチェックしてみてください。

Photographer Transforms Tokyo Into A Miniature Wonderland [DesignTAXI]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense