SHARE


テーブルが燃えている。

スペインのアーティストL’Atelier Amarist さんとAlejandro Mongeさんが合同で作ったのが “Too Much”と名付けられたテーブル。



キューブの中に入ったユーロのお札に見立てた紙を燃やし、お金の価値とその意義について考えるきっかけになるテーブルです。



お札は1枚ずつ手描きでつくられているのだそうです。



この作品を通して、制作にかかった時間、お札が燃えてしまう時間。人、お金について考えてみては。

生きていくうえで、いったい、何が大切なのでしょうか。

燃える火を眺めながら、ゆっくりと考えをめぐらすことができそうです。

Cube On Fire Table Sculpture [fubiz]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense