「ジリジリジリジリ」なんて、音が聞こえてきそうなほど、暑い夏の日々。そんな時食べたくなるのが、大人も子どももみんな大好き、アイスクリーム

けれど、アイスクリームを真夏の空の下で食べると…。悲しくも、あっという間に溶けてしまって、気づけば手はべとべと。

今回紹介する動画「Creamlapse」(Mateo Cabeza)は、アイスクリームが滴り落ち、溶けていく姿をTimelapseで表現しています。




溶けゆくアイスクリームであれ、哀愁のムードを作り上げてくれる名曲は、1964年にヒットしたBobby Vintonの「Mr.Lonely」。

ゆっくりと溶けていく、美味しそうな色をしたアイスクリーム、トッピング、そしてアイスキャンディたちを見ていると、思わず食べたくなりますね。その一方で、その姿から悲しみで人が床に崩れていく、力尽きてしまった情景を思い浮かべます。

夏の終わりを告げる作品にも、感じられますね。

Creamlapse: Captures Our Fleeting Moments With Ice Cream[KOMBINI]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking