SHARE


モノって無駄に作って捨てちゃいけないよね。



アメリカのサウスダコタ州で育ったブロンズ細工のスカルプターJohn Lopezさんは、鉄のガラクタやスクラップを何層にも重ねて行き、実物大のワイルドアニマルにしてしまう凄腕のアーティストです。




その作品はまさに生きているかのよう。今にも追いかけて来そうな躍動感に満ちています。



つまりは人類の「ゴミ」を集めてこれだけのアートにしてしまうわけです。



人間が自然の動物たちの場所を奪ってきたことに対する、憂いと怒りが伝わってくるようでもありますね。

Bits of Scrap Metal Welded Together Into Powerful Sculptures [MY MODERN MET]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense