SHARE


メキシコとの国境近く、カリフォルニアの最南端の町サンディエゴは、クラフトビールの聖地と呼ばれるブルワリー密集地です。

その中でも、高級住宅が並ぶコロナド島にある「Coronado Brewing Co.(コロナド・ブルーイング)」は、2014年のワールド・ビア・カップ(ビールのオリンピックと呼ばれる世界的有名なビールのコンペ)でチャンピオン・ブルワリーを獲得した醸造所。

今日は、その注目度No.1のビールを飲みに行くとしましょう。

このブルワリーは2ヵ所の醸造所を持っています。コロナド島にあるブルワリーパブは、昼間からビールを片手にサンディエゴ料理を食べる人で溢れています。ビールの味はもちろん、食事もおいしいのが魅力。



年中花であふれているレンガ造りのかわいいブルワリーパブ



いろいろ飲みたい人はビールのお試しセット「Taster Set」を!


もう1ヶ所は2012年にテコロテ・キャニオンに増設したテイスティングルームを兼ねた醸造所。醸造所の中にテイスティングルームがあり、がっつりビールを楽しみたい人向け。食べ物はありませんが、夕方になるとフードトラックが来ます。



昼間からオープンするテイスティングルーム。犬もOKでペットフレンドリー。



テイスティングルーム横ではビン詰め作業が行われています。



人気No.1の「Islander IPA」がグルグル。



日によってビールのメニューが変わります。



気さくな店員さんばかり。味が想像できないなら試飲をさせてもらおう。常時タップは15種類以上あります。



コロナド島に今でも伝わる航海士を安全に導くといわれるマーメード伝説。その伝説からコロナド・ブルワリーのシンボルマークはマーメードに。オーナーのリック氏は今でもマーメードを信じているとか。いろいろなスタイルのビールがありますが、ラベルはすべてこのマーメードが描かれています。

クラフトビールはラベルもユニーク。ラベルや王冠を集めるコレクターも多いですよ。



一番人気の「Islander IPA」。ホップの香りがグイグイ喉を潤すビールです。IBU(ビールの苦味度数)75と高く、アルコール度数は7.00%。個人的には、IBUが90の「Idiot IPA」を試していただきたいです。日本ではなかなか味わえない苦味が効いたビールで、乾燥したサンディエゴにぴったりです。

[Coronado Brewing Co.]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense