ニューヨークのサイクリストにとって、自転車は単なる日常生活のツールではありません。



フォトグラファーのSam Polcerさんは、ニューヨークで見かける自転車乗りの皆さんを撮影し、そのスタイルをブログ「Preferred Mode」でドキュメンタリー公開しています。





自転車そのもののデザインも、彩りと個性が豊かなのですが、共に写っているサイクリストたちのファッショナブルなこと。

自転車が自身の一部になっていて、「相棒」としての存在感が伝わってきます。ほとんどファッション雑誌のモデルさんですね。





あらゆる世代、あらゆる立場の人の自転車スタイルは、まるで腕時計や帽子を身につけるかのように「当たり前」のアイテムやガジェットとして際立ちます。




そう、彼らにとって自転車はもはや個性の表現そのもの。これは刺激を受けますね。



こうしたニューヨーカースタイル、最近では都内でも見掛けることがあります。

日本でもサイクリストたちが時代と流行を台頭する日は近いかも?

Preferred Mode: Portraits Showcase Bicycle Style in New York [VISUAL NEWS]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking