プロジェクトに共感した人が、ネットを通じて気軽に投資できる「クラウドファンディング」。

その中でも「キックスターター」には、多くの魅力的なプロジェクトが集まっています。例えば、こんな「謎のプロジェクト」も、現在人気を集めているようです…。



プロジェクト名は「Potato Salada」。内容は「ポテトサラダを作るので資金をください」というシンプルなもの。目標金額はたった10ドル。

もし資金が集まれば、投資金額によって「作ったポテサラの写真」「一口分のポテサラ」などの特典も。10ドル払うと「ポテサラを作るところをキッチンで見れる」。20ドルで「ポテサラをテーマに作った俳句をプレゼント」など、本気なのか冗談なのか、読んでいてなかなか面白い設定となっています。

驚きなのは、このプロジェクトを立ち上げたZack Danger Brownさんは「これまで一度もポテトサラダを作ったことがない」ということ。つまり、このプロジェクトで資金が集まれば、彼は「人生初のポテトサラダ」を作ることになるんです。



どこの誰か知りませんが、なんだか貴重なものに聞こえてくるから不思議です。

「こんなのでお金が集まるの」そう思いたくなりますが、冷やかしもあってプロジェクトは設定の「10ドル」を早々に達成。そこでZack Danger Brownさんは目標金額を$35、$75、$100と増やしていき、ゴール設定も少しずつグレードアップしていきます。

$35
ポテサラを4つ作ります。10×4=40なので、通常よりお得ですよ。

$75
家に招待した人にピザを振る舞います。

$100
がんばって、2種類のポテトサラダ作りに挑戦します。



こんなゆるいゴール設定でも、資金はなぜか集まり目標の100ドルを突破。さらに、このプロジェクトがCNETでネットニュースになり多くの人に知られることに。それを機に、さらに集まりはじめる資金。彼は、設定金額はどんどん更新していきます。

$250
ちょっといいマヨネーズを使います。

$300
よいレシピを手に入れるためにシェフに電話します。

$350
もっとたくさん作ります。多分3種類目のポテトサラダも用意します。

$1000
ポテトサラダを作るところをネットでストリーミング中継します。

$1200
これまで資金を提供してくれた全員に「ありがとう動画」の制作を依頼します。



当初、10ドルの設定金額だったものが、いまや120倍の「1200ドル」に。もう、何がなんだかよくわからないこのプロジェクト、最終的なゴールは以下になりました。


$3000
このプロジェクトを進めるのに、僕の家のキッチンは狭すぎる。だから、パーティ会場をレンタルして、その様子をネット配信します。



そして、現在集まった資金は53864ドル!日本円で約540万円! ポテサラを作るだけでこの金額、もうスゴ過ぎです…。プロジェクトの期限は8月2日まで。詳細ページはこちらからご覧ください。

最新ゲームや近未来プロダクトが多く参加するキックスターターで、「ポテトサラダを作る。生まれて初めて」という内容で540万円を集めてしまうこの企画力。ネット時代だからとはいえ、ここまで多くの人の財布のヒモを緩めるところに、人を動かすヒントが隠れているのかもしれません。もしくは、ただ単にポテサラ好きが多いだけ?

続報はまた、ルーミーで紹介しますのでお楽しみに!

[kickstarter]
photo credit: taste.com.au, trialx, inspiredtaste, roomie

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking