ビンテージ感たっぷりのテーブル。

古くから使い込まれていたような、ラフな雰囲気のテーブルが作れないかな? そう職人に相談して生まれたのが「vineテーブル」。

このテーブルは、「お酢」がないと完成しないんです。



ずらりと並んだ粗い木材。普通、テーブル用ならフラットに削られて加工されていますが、木の質感を活かすために、加工前のラフな材木を仕入れます。



チクチクしない手触り、でも天然の木材の質感は感じられるように、絶妙なバランスでペーパーがけ。人の手でなければ表現できない手触りです。

お酢で染めるテーブル

そして木の素地ができあがったところで、登場するのが「お酢」。炭のように真っ黒なこちらは、鉄サビをお酢の中に入れて作った酸化鉄の溶液なのです。この溶液が木材の中に含まれるタンニンと出会ったとき、木に変化をもたらします。

これは日本女性の“お歯黒”に使われていたものとほぼ同じ。この作用を活用したものです。




木に塗っていくと、はじめは透明感のある液体だったのが、しばらくすると真っ黒に。

そう、これは塗装ではなくて、木が自ら発色する天然の“染色”。ベースに、落ちない黒の塗装を施すために、職人が考えた化学的な裏技です。





この上に淡い色の塗装を重ね、色の層をつくって、また剥がす。まるで着物のかさねの色目のように、透け感のあるビンテージスタイルを作っていきます。

最後にウレタン塗装をハケで塗り、ラフさとつややかさを表現しました。

vine table
vine table

アンティークチェアと合わせるのもよし、ビンテージスタイルのワークデスクとしても使えそう。

友達が来たら自慢しなくちゃ。「これ、お酢で染めてるんだよ?」ってね。

vine ダイニングテーブル[finger marks]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking