SHARE


Creemaが主催する、クリエイターの祭典「HandMade In Japan Fes 2014」で見つけた、気になる手作りアイテム&アートをご紹介します。


アート作品がたくさん連なっているスペースで、ひときわ人が集まっていた場所がありました。それはサトウタカヒトさんが描く動物作品の展示スペース。



遠くから見ると、どこか柔らかくてふんわりしているような感覚がするさまざまな動物。

でも、近くから見てみると…。



歯ブラシを使って、絵の具を撥ねさせ、細かい描写を可能にしているようです。



実際に使われている道具がありました。

これらの作品は、野生動物の「生きること」に対する姿勢がピュアで素晴らしいなと感じたことがきっかけで制作されたのだそう。その姿勢を表現するため、長いもので100時間も制作にかかるのだとか。



見ていると、心が落ち着くと同時に、自分はこのままでいいのか? と訴えかけてくるような迫力があります。

大人気のサトウさんの作品ですが、まだ販売中の商品もあるので、心に刺さった方は一度こちらをご覧ください。

サトウタカヒト [creema]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense