Creemaが主催する、クリエイターの祭典「HandMade In Japan Fes 2014」で見つけた、気になる手作りアイテム&アートをご紹介します。


maskworks』さんの、樹脂粘土と軽量の紙粘土でつくられた仮面が恐ろしくて大注目。

かぶってみると、こんな感じ。(被っているのはルーミー編集部の秋山)



こ、こわい…。角もしわも質感もすべてリアル。この仮面のお名前は「鬼面」。

ひとつひとつハンドメイドで作っているそうで、結構なお値段がするんじゃないでしょうか…?



これをつくっているmaskworksさんにお値段を伺いました。

「すべておひとつ3000円です。」

– えっ、本当に?

「そうなんです、今はおかげさまでほとんど売れてしまったんですけど。はじめての出展で、どのくらいの値段をつけたらいいのかわからなくて。」

「見てくださるお客様はこれもっと高くしてもいいよ、とアドバイスしてくださったので、今後はもう少し考えます」とのこと。



この仮面、後ろにゴムバンドが付いているので、一番最初の写真のようにしっかり顔に装着することが可能。これをつければ、盛り上がることまちがいなし。

しかし、現在は展示中のみで販売はしていないようです。おひとつ制作するのにかなり時間がかかるそうなので、先着で購入された方は本当に運がいいですね。

maskworks [creema]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense