SHARE


Creemaが主催する、クリエイターの祭典「HandMade In Japan Fes 2014」で見つけた、気になる手作りアイテム&アートをご紹介します。


「日本一!小さな富士山」

こんな興味をそそられるキャッチコピーを、福岡を拠点として活動し、植物やモルタルを使ったアクセサリーを展開しているクラフトデザインユニット「michicusa」のブースで発見しました。


この指輪、モルタルの上に実際の富士山の溶岩パウダーを配合したものを組み合わせてつくられているため、「日本一小さな富士山」としているのだそう。

この作品以外にも下記のようなモルタルを使ったアクセサリー商品をつくっているmichicusaの方にお話を伺いました。



ー どのようなきっかけでこれらの作品をつくろうと思ったのですか?

「手作りのもので何かをつくろうかなと思ったときに、持っている技術でできることを考えたんです。例えば、道に咲いているような植物を使って何かつくれないのかな、と。」

「富士山の指輪やモルタルの指輪も同じように、持っている技術を使ってどうしたらおもしろいものをつくれるかなと考えたんです。」



こちらは、シリコンの型に樹脂を流し込み、植物を完全に乾燥させ、もう一度樹脂を流し込む2層構造でつくられているのだそう。そこから形を整えるために磨く作業が一番大変なのだと語ってくれました。

アクセサリーとして買う方や、お花屋さんの方、建築のお仕事をされている方など、いろんな方が購入している様子。こじんまりとして可愛らしいのに、存在感たっぷりの印象を受けました。

現在(2014/08/04)販売中の作品は残念ながらありませんが、定期的に見ていると販売されていることがあるかもしれません。興味をもった方は、ぜひみてみてくださいね。

michicusa [creema]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense