僕が働いているGallery OUT of PLACEが改装工事を終えて、いよいよ新しい展覧会「坂田峰夫 -FLOWERS」が始まりました。

坂田峰夫さんは東京芸大美術学部絵画科油画専攻を修了後、絵筆を持つ事無く「美しさ」を追求し、写真の技法であるフォトグラムに行き着きます。

フォトグラムとは、簡単に説明すると暗室の中で印画紙と呼ばれる紙の上に直接物を置いて、その物のシルエットを写し取る方法です。

まずはその美しい作品の展示の様子をご覧ください!




坂田峰夫さんはフォトグラムの仕組みを利用して独自のメソッドを創りあげました。

その結果、単純なフォトグラムでは有り得ないピントの調整や、ネガポジを行き来する表現に行き着きました。

印画紙の特質である「黒」と「平面性」に表現の場を見いだし、「花」のモチーフにこだわり続ける坂田峰夫さんの美学には、世阿弥が著した「風姿花伝」に通じるものがあります。



ここまで上記いずれの作品も ©Mineo SAKATA -FOLOWERS 2014 より

奥のスペースにも小品があります。

また、これまでにうちのスペースでは「光」そのものを写し取るspectrumシリーズや自作のピンホールカメラによって制作されたlandscapeシリーズも発表しています。

展示風景©Mineo SAKATA -spectrumー 映像作品 2009

左©Mineo SAKATA -spectrumー 2009 右©Mineo SAKATA -spectrum 2009

いずれも坂田さんが考えるのは、「光」を如何に捉え、表現するのか?という研究や実験に依るところが大きいのです。今回の展示にあたって掲げられているテーマは、光でえがくこと 。光を当てることで僅に見えてくる静謐で耽美的な坂田峰夫の世界を是非ご堪能ください。

左©Mineo SAKATA -カラー 2014 右©Mineo SAKATA -LANDSCAPE 2012

[坂田峰夫 -FLOWERS]
会場:Gallery OUT of PLACE
会期:2014年7月25日(金)- 8月31日(日)
開廊時間:12:00 – 19:00
休廊日:月・火・水曜日(夏期休廊8月11日 – 20日)
住所:東京都千代田区外神田6-11-14 3331 Arts Chiyoda 207号室

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking