SHARE


名刺交換のときに、名刺代わりに板チョコをもらったら…びっくりするけど、もうその人のことは忘れないかもしれません。




こちらはMatthew Hirschさんによる、とてもユニークな板チョコのパッケージ。見た目は普通の板チョコですが、表側には大きく「HIRSCHY’S」とお名前が書いてあります。そして裏返してみると…






Hirschさんの個人情報が、チョコレートの成分表示のようにして書かれているんですね。名前や学歴、自分が持っているスキルなどのスタンダードな情報に加えて、モチベーションやコミュニケーションスキル、クリエイティビティといったユニークなものまで。バーコードの部分は何が書いてあるんでしょうね、これも何かの仕掛けになっていたりするのかな。

海外には工夫が凝らされたユニークな名刺がたくさんあるようですが、チョコレートのパッケージをそのまま使ったのは新しいなあ。本当にいただいたら、びっくりするけど何だかちょっと嬉しいかも。でもこれ、どうやってとっておきましょうか…。

Creative Designer Crafts Resume on a Chocolate Bar Wrapper[MY MODERN MET]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense