SHARE


文字をなぞったら読んでくれる指輪。そんな魔法のようなデバイスをマサチューセッツ工科大学、メディアラボのグループが開発しました。

3Dプリンターで作られる「FingerReader」は、指輪のような形をしており、本や雑誌、新聞などの文字をなぞると認識して、音声に変換してくれるもの。

1文字ずつではなく、段落ごと、斜め読みなども可能なので、全体の意味をつかむこともできそうですね。既に文字を読み上げるデバイスはありますが、リアルタイムに読み上げてくれる点が素晴らしい!

「FingerReader」には高解像度の動画カメラが搭載されていて、バイブレーションによりテキストを読むために動かす指の方向も教えてくれるのだそう。また、その行の終わりがきたり、指が行から外れてしまった時にも教えてくれる機能も付いているのだとか。

MITの開発チームは、そう遠くない未来に製品化をすることができ、さらに低コストで提供できると言います。

動画はこちら。




「FingerReader」を装着して文字をなぞれば、本や看板に点字がなくても、いつでもどこでもその場で文字を読み上げくれるんです。

技術が人を助け、人は豊かになる。まさに、そんな魔法のようなリングなのでした。

FingerReader [MIT Media Lab]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense