SHARE


ジメジメした梅雨も終わり、いよいよキャンプシーズ到来。

でも、正直テントを張ったり、片づけるのが面倒だなと思っている人も多いはず。そんな人の愚痴を解消してくれる、車両とテントが融合する車「Q3 Camping Tent」を、アウディーがオートフェスティバルでお披露目しました。




アウトドアで活躍するテントとカヤックラックが標準装備。




テントはインフレータブルで空気を入れるだけで約7分で完成。ハッチを開けて車と直接接続可能。車専属に作られたたテントなので雨の日だって、横からの雨漏りも心配ありませんね。もちろん、テントは単独で使用できます。

「風で飛んでいかない?」と思う人がいるかもしれませんが、時速70km/hの強風まで耐えられとのこと。

無骨な普通のテントよりなんとなく宇宙基地みたいで、冒険心をあおります。




アメリカやオーストラリアのように、キャンプ場が広々していれば大きなキャンピングカーで行くことができますが、日本はこのぐらいのコンパクトSUVがちょうどいいよね。

残念ながらこのアウトドア仕様の「Q3」は、まだコンセプト段階。

来年はこの車でキャンプにいけるかな。

Audi Q3 pop-up tent [Car]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense