プレーンのコーンフレークは、シリアルの中で一番普通の味。

でも、アーティスト、サラ・ロサードさんの手にかかれば、普通のコーンフレークがなんだか魅力的に見えてくるんです。



ニューヨーク在住のイラストレーター、そしてカメラマンとしての活動するサラさんは、このなんでもない食べ物を特別なものに変える力を持っています。

その力は、コーンフレークをセレブリティの素晴らしい肖像画へと生まれ変わらせてしまうもの。



ある日、朝ごはんを食べながらR&Bの音楽を聴いていた時、アイデアを思い付いたこのコーンフレーク・アート。

1つの作品に対し、かかる時間は約5時間! まず最初に鉛筆で薄く下書きをしてから大きなコーンフレークを載せていき、そのあとピンセットを使って目などの細かい部分を完成させていくのだとか。



ね、このコーンフレーク肖像画たちをみていると、普通のコーンフレークがとっても魅力的なものに見えて来たでしょ?

つまらないと思っているものごとを、面白く楽しくするのは、きっと工夫次第なんですね。

Sarah Rosado

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense