SHARE


フェスで全然スマホがつながらない時に持っておきたい!

goTenna』はスマホが“圏外”状態でもテキストメッセージや現在地を送ることができるポータブルアンテナデバイス。無線ルーターや衛星通信を使いません。




ペアとなるスマホと『goTenna』をBluetoothでつないでおくと、151-154 MHz帯の電波を通じて、『goTenna』を持ったユーザー同士がやりとりできるようになります。




最大160文字までのテキスト




メッセージが送れるとのこと。

地形や標高などにもよりますが、最大50.5マイル(約81.2キロメートル)まで理論上は通信が可能とのことです。




フェスで大勢の人がいる中だと、回線が詰まりがちで待ち合わせなどは困難ですが…




『goTenna』+iOSまたはAndroidアプリを入れておけば現在地をお互いに送ることが可能だそうです。




緊急時には“Shouts”機能を使うことによって、周囲の『goTenna』ユーザーに発信する機能も。




カラーバリエーションは緑/青か紫/オレンジの2種類の組み合わせから選べるそうです。




2014年秋出荷に向けてコチラで予約受付中(早期割引で149.9ドル)とのことですが、現在アメリカのFCC(連邦通信委員会)の審査中だそうです。

スマホをサポートするガジェットとして認可が下りることが期待されますね!

goTenna [goTenna INC]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense