SHARE


ガスマスクなんて映画の中だけ。それくらい平和な日本ですが、これからは特別なものとは捉えず、災害時のために常備してもいいかもしれません。

Social Gas Maskは、より扱いやすくなったガスマスクのコンセプト。映画に出てくるような緊迫感があまりない、シンプルで優しいデザインです。


特に特徴的なのが、大きく開いた視界。相手の目元がしっかり見えるので、お互いの目を見ながら会話ができそう。

そして頬のところには空気を吸い込むためのフィルター、真ん中には声を相手に伝えるための穴が少しだけ開いています。普通のガスマスクでは声がこもったりするようですから、はっきりと声を伝えられる機能は頼もしい。



相手としっかり意思疎通を取ることを意識したSocial Gas Mask。

緊急事態の時こそコミュニケーションが大切になります。マスクを付けたまま励まし合ったり、力を貸してほしいと伝えられるのは素晴らしいアイディアですね。

これから、もっと気軽にガスマスクを使うときがくるのでしょうか。親しみがまだあまりないだけで、持っていればきっと役に立つシーンもありますもんね。小学校の避難訓練も、そのうちハンカチじゃなくてガスマスクを使うようになったりして。

The Social Gas Mask[YANKO DESIGN]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense