SHARE


夏の足下と言えばサンダルですが、今年からはこんな選択肢も有りかも知れません。

靴下のようにも見えるこの靴。サイドやトップが編まれてメッシュになっている靴はありますが、これは底も含めて全てがメッシュ。しかもステンレスを編んで作られているんです。



PaleoBarefootsというこの靴。ステンレスを中世のチェーンメイルや、忍者の鎖帷子(くさりかたびら)という鎧の様に編み込むことで作られました。

見た目通り素足感覚で履け、伸縮性にも富んでいるのですが、鎧で使われていることからも分かるように、耐久性が高く、瓶の破片などの危険物も通し辛い。

ランニングシューズとして売られているので、重量も軽く、足への負担も少ないのも特徴です。



ステンレスのメッシュ部分と、足にフィットさせるためのゴムと留め具のみの非常にシンプルな見た目で格好いいですね。

因みに靴の底に動物の肉球からヒントを得たというクッション材が付いている物も有り、長時間の移動の場合にはそちらも魅力的。



日本にも配送可能ですが、お値段は少々お高い約¥30,000〜。

洗ってもすぐ乾きますし、通気性も良いので夏の足下にはぴったりですね。

[PaleoBarefoots®]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense