せっかく新しいのを買っても、気づいたらもうグリップが黒く汚れているシャープペン。芯を追加して汚れてしまった指先でまた触るから、って理由は分かっているんですが、毎回指先を洗いに行くのもなんだかなぁ。

その問題、シャープペンに弾丸を込めることで解決できるかもしれません。





弾丸といっても、もちろん本物のではありませんよ。芯が入った弾丸形のケースを補充するんです。このユニークな発想のシャープペン、「Bullet Mechanical Pencil」といいます。コンセプトアイディアです。

これなら指先も本体も汚れないし、なにより補充がラクチン。キャップと消しゴムを外して小さな穴から芯を入れるのってちょっと面倒に感じる時がありますもんね。その間にキャップが転がっていったりして、いつしか消しゴムもなくしてしまったり。




弾丸ケースの分だけシャープペンが太めになっている気がします。もしかしたら、ここが使う人を選ぶかもしれません。

まるで本当に装弾しているような新鮮な感覚になって、芯を補充するのがちょっと楽しみになりそう。魂を込めているみたいでもありますしね。

Pencil Bullet[YANKO DESIGN]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense