SHARE


NYにはジュエラーと呼ばれるアクセサリーを作る職人が沢山いて、多様なセンスのあらわれた彼らの作品に出会う度、ワクワクさせられます。

彼らの作る作品が、実際に身につけられるアートだからかもしれません。



この不思議なティアラをデザインしているのは、リトアニア出身のAushra Bankauskaitさん。

5年程前から、NYのBrooklynで活動しています。



Vogue等にも取り上げられるほど、評価を得ている作品たち。



このティアラシリーズは、人間や動物の聴覚からインスピレーションを受けて作ったのだそう。

私たちの身体の一部のように広がるティアラは、”過去と未来”、”私たちと自然”を繋げたイメージを表しています。



コンセプト動画がこちら。




シュールさと優しさを持ち合わせたこのジュエリー。



彼女の作品と活動は以下のページからご覧になれます。

現在はオーダーメイドでの作品作りが可能だそうなので、是非チェックしてみてください。

aka jewellery
photography: Aaron Boldt
Film: Ruta Balseviciute
music: Fusedmarc

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense