SHARE


ここはアメリカ南西部のカリフォルニア州にある、モハーヴェ砂漠。

この雄大な土地のどこか、ロサンゼルスから車で数時間ほどかかるある場所に、砂漠のオアシスならぬ「ソーシャルプール」があるそうですよ。

誰かの所有物ではなく、一般公開されているこのプール。お水が張ってある部分は幅12×4m、深さ4mで、だいぶゆったりしています。




しかしここに近づくためには、このオアシスを提供しているMAK center for art and architectureからプールのカバーを開ける鍵を事前に受け取っておき、さらにGPSの案内に従いながら旅をする必要があるんですって。

誘導があるとはいえ、ライトなどの目印もなく、たどり着くまでに大きな労力を要することは間違いなさそうです。



というのもこのオアシス、「到着までの長い道のりにくじけず、肉体的に疲れた体で満喫してほしい」という考えから、わざとへんぴな場所に作ってあるんだとか。

思ったものがすぐに手に入る、便利な生活を送っている私たち。日頃忘れている「努力の末に手に入る喜び」を、砂漠のオアシスという形で味わうことができるって、素敵なアイディアですね。

alfredo barsuglia sites social pool in remote area of the mojave desert[designboom]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense