近年、日本でも話題になっているプロジェクションマッピング

roomieでも何回か紹介されている、光と音楽が融合した新しいアートです。東京駅のマッピングイベントに人が集まりすぎ、中止になったのも記憶に新しいですね。



自然とテクノロジーを融合させアートで表現することをコンセプトとしたベルギーのアーティスト、Naziha Mestaoui

彼女の作品「One heart one tree」は、その技術が更に進化したものです。



2015年にパリで開催される、第21回気候変動会議(COP21)の記念碑的アートワーク。

この作品はこれまでに見たものより格段にアーティスティックで、技術もものすごい。

パリの有名で歴史あるモニュメント(エッフェル塔、凱旋門など)に、たくさんの森林や植物をマッピング、街中を大自然のヴァーチャルワールドにしてしまおうというのです。



産業の近代化と進歩、それと自然とを融合した世界感を表現しています。



現実とヴァーチャルを組み合わせた森林再生の取り組みとして、観客はアプリを通じてこのプロジェクトに参加できるそう。

自分の心臓の鼓動と連動してプロジェクションマッピングの木が育ち、成長した1本のバーチャルな木に対して本物の木が1本植えられるのです。参加者は証明書を受け取り、植えられた木がどう成長していくか見届けることができます。

ヴァーチャルの世界を通じて、私たちに自然を愛する気持ちを呼び起こす。そんなイベントになりそうですね。

One Heart One Tree

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense