タンスがキャビネットに


素敵なインテリアを揃えたお部屋。

嫁入りタンスをリメイク

元雑貨店店長の女性のコーディネートです。もしこの中に、「30年前のタンスがある」と聞けば、どうでしょうか?

マットな質感のブラックが目を引く、重厚感のあるサイドボード。なんとこれ、お母さんの30年前の嫁入りタンスなのです。

30年前の、母の嫁入りタンス

30年前。和裁を生業としていた彼女の祖母が、嫁ぐ娘へ送った贈り物。その中には娘のために仕立てた着物がぎっしりと詰まっていたそうです。

30年の時を経て、処分の話が出ていたこのタンス。リメイクして使えたらいいのに…。孫にあたる彼女がストップをかけたのです。

こんなリメイクなら私たちの出番です。仕上がりのイメージは、タンスの高さをカットしてキャビネットにする、という内容で決まりました。

タンスを横倒しにしてカット!

まずは木工の職人から。タンスの扉を外し、本体を横倒しにして大胆にカットしていきます。本体に合わせて、扉もデザインの切り返しを活かしながらカット。丁番の位置や、取っ手も新しいものに交換して、木工は終了です。

扉もカット

次は塗装の職人です。表面に手作業でペーパーをあて、元の塗装に細かなキズをいれていきます。これは新しい塗装の密着を良くするためのひと手間なのです。

タンスの表面にペーパーをあてる
マットブラックに塗装
塗装をしたらもう一度表面にペーパーをあてます

下地も含めて塗装、剥離を2度繰り返して、ようやくマットブラックな表情に仕上がりました。

キャビネットにリメイク

まるでヨーロッパのアンティーク家具のように、生まれ変わった年代物の日本製の洋タンス。3代に渡る愛がつないだ家具の姿がそこにあります。

さぁ、故郷へ帰ってみましょう。あなたのお家にも、家族の物語をつながく家具が眠っているかもしれませんよ。

CRAFTMAN STORY-祖母のタンスリメイク [fingermarks.net]

タンスがキャビネットに

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense