SHARE


全長2メートルを超える長~い椅子。

2009年に韓国のJung Myung Taekさんがデザインした、座るとたわむリラクゼーションチェア「Ducking Lounge Chair 0901」が、クルミ材とネジで構成されています。



何かに似ていると言われれば、そう、跳び箱の踏み台。上に座ればボヨンボヨンと上下に揺られます。この感じがロッキングチェアーとは異なる心地良さを生みそう。

当時開催された、世界に向けた新デザインフェスティバルであるTent Londonショーで展示され、注目を集めました。



この微妙な角度と木材の強度がバランスよく釣り合っています。体重差でたわむ量は異なるとは思いますが、新しい感覚を味わえそう。

デカくて我が家では邪魔になりそうだけど…。

Ducking Lounge Chair by Jung Myung Taek [CONTEMPORIST]
DUCKING LOUNGE CHAIR 0901 BY JUNG MYUNG TAEK [MOCO]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense