SHARE


まるでお部屋の中にいるよう。これが空の上だなんて。

もしかしたら、ファーストクラスに乗ることができる機会はあるかもしれません。でも、これだけラグジュアリーな空間に居ながら、空を移動するのは、なかなかできない体験と言えそうです。

アメリカの飛行機会社ボーイングとヨーロッパの国際共同飛行機会社エアバスは、ボーイング787をそんなラグジュアリーな飛行機にしたのだそう。






スイートルームやキッチン、ダイニング、会議室、複数の人が泊まれるベッドルーム、くつろぐことができるリビングなどを兼ね備えています。

2014年7月10日現在、この飛行機の建造にかかる費用は284億円とのこと。この飛行機の空の旅には、いったいおいくらかかるのでしょうか。

そんなことを考えているようでは、きっとこの飛行機には乗れませんね。

A Boeing Turned Into A VIP Living Space [fubiz]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense