なるほど。色がないことで地球に優しくできるんだ。

コカ・コーラ社が2011年から2012年にかけて発表した、地球環境に優しいエコやリユースに対するレポート「sustainability reports」に様々な未来への取り組みが発表されていました。

そして、その取り組みに呼応する形でデザインスタジオのRyan Harcは、無色の缶をデザインしたのです。



色鮮やかな塗料の代わりに、アルミニウムにプレス機でコカ・コーラのロゴを加工しています。有害な塗料などが使われていないので、すぐにリサイクルをすることができるのです。



現在のところはコンセプトデザインのようですが、積極的にエコに取り組むコカ・コーラなので、製品化されるかもしれませんね。

製品やコーポレートカラーも大切だけど、色がないからこそ伝えられることもあるんだ。

世界中にファンを持つ飲み物だからこそ、私たちの未来を変えることができるのかもしれません。

Coca-Cola Gets A Colorless, Eco-Friendly Can Redesign [psfk]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking